わきの下のムダ毛処理

処理をしてもすぐに生えてきて、おまけに太くしっかりした毛なので、わき毛の処理はなかなか大変ですね。

どんな状態になっているか視認するのが難しいわき毛は、生え方もそれぞれで処理が面倒です。

わきの下のムダ毛の処理でよく使われるのが、わきの下専用のシェーバーやカミソリです。ジェルなどを塗ってから、毛の流れに沿って剃ります。

皮膚は刃の刺激に負ける可能性があるので、カミソリを何度も往復させるのではなく一度で剃り、残りはピンセット等で処理します。

皮膚がカミソリの刺激に負けると、肌トラブルの原因になってしまう場合があります。

毛抜きを使ったムダ毛の処理をしている人も少なくありません。

カミソリによるムダ毛の処理に比べて、一本一本抜いていくので、効果は長続きします。

けれども、毛抜きがシミやくすみの原因になることもあります。

毛抜きの刺激で、皮脂腺やアポクリン腺の働きが盛んになりすぎることもあります。

毛抜きに頼りすぎると汗が増えたりワキガが濃くなることもありますので、剃った方が無難だといいます。

体毛を剃るためのシェーバーで、ムダ毛を処理しているという人も多いようです。

ムダ毛の根本から剃ることができるので、電気シェーバーなら深剃り効果があります。

わきから臭いがする場合、原因は処理していないムダ毛が蒸しているためかもしれません。

個々人にやりやすい方法で、ムダ毛を定期的に処理する必要があります。

手足のムダ毛処理

手足のムダ毛処理は、カミソリで処理していると言う人が多いのではないでしょうか。

カミソリでムダ毛を処理するというのは、実に手軽な方法といえます。

カミソリを用意し、シェービング用のクリームをつければすぐに剃ることができます。

カミソリで剃ると、次に生えてくる毛が太くくっきりとしたものになるという説もあるようです。

新しく生えてきた毛が短い時はちくちくするので、それが嫌いだという人も少なくないようです。

誰かに触った時など、ムダ毛が少しだけ生えている腕の感触は嫌悪感を感じるという方もいます。

カミソリではなく、脱毛テープでムダ毛を処理する人もいます。

脱毛テープを貼って剥がすことで、そのエリアのムダ毛を処理します。

いっぺんにたくさん抜けカミソリで剃ったときのようなチクチク感があまりないのが利点です。

脱毛テープは肌への負担が大きく、デリケートな肌の人は肌荒れの原因になる場合もありますので、まずは少しだけ試してみてください。

脱毛テープでムダ毛を処理したことで、毛根に負担がかかってしまう場合もあります。毛根の近くでムダ毛が切れて抜けてこなかったという事もあります。

ムダ毛処をした後は低刺激のローションなどを使って保湿することも大切です。