ケノンは累計90万台売れている商品で、Yahoo!ショッピング2020年上半期で売り上げ総合ランキング第1位に輝き、楽天でレビュー数を14万件以上も獲得している超有名&人気脱毛器です。
今回は、ケノンを実際に購入し数回使ってみた感想を詳しくレビューしていきます。

脱毛と美顔が両方できる脱毛器「ケノン」

ケノンはどれくらい人気なの?

楽天でレビュー数14万件以上を獲得し、評価が4.2以上もあります。レビュー数から見ると女性が全体の7割以上で、男性も3割弱使用しているようです。また、年齢層は30代が最も多く、20〜40代に集中しています。

引用:楽天市場 (2020/12/11時点)

全体の1.5%ほどは☆2、☆1の方が見受けられますが、☆4、☆5の評価がほとんどです! 
→ ケノンの良い口コミ・悪い口コミについての記事を読む

ここからは、ケノンがこのように幅広い年齢層・性別の方に人気で評価の高い商品であるのはなぜか実際に購入して検証した結果(体験談)と、ケノンの商品の魅力や特徴について紹介します。

ケノンの人気の理由を確かめるために実際に1年間の検証をしてもらいました。

【検証結果】ケノンを1年間使用

今回は、Mさん(東京都 20歳)のケノンの検証結果を紹介します。Mさんの毛質・肌質に使用した場合の結果(毛質の変化、肌トラブルなど)や、Mさんの身長に必要な照射回数などを参考にしてください。

Mさん
身長:155cmほど 体型:標準
毛質・毛量:標準(部位により太め) 肌質:やや乾燥肌
ケノン使用前のムダ毛処理:シェービングのみ、脱毛経験なし

以下のことについて、詳しく説明します。
購入、照射の準備
どのように使用しているか(照射の流れ)
どの部位にレベルいくつのパワーで照射しているか
照射可能回数は足りる?
全身1回照射するのにかかる時間は?
照射の工夫、注意していること
パワー・痛みについて
部位ごとの痛みについて
【一時的】効果について
— 毛が抜ける
【長期的】効果について
— 毛質・毛量の変化
— うぶ毛・剛毛への効果
— 肌質の改善
肌のトラブルについて
使用1ヶ月〜1年までの様子
メリット・デメリット
【検証の結果】悪い口コミは本当だった?

購入してすぐに使用、照射前の準備

公式サイトからケノンを購入してから届くまでがとてもスピーディーでした。平日の昼頃に注文し、次の日の夕方には商品が届きました。中身は本体、コード、カートリッジ、ゴーグル、保冷剤、説明書が入っていました。説明書を読み、1回目の使用を開始しました。

照射をするまでの初期設定などはほぼなく、説明書通りに準備をします。ケノン本体のコードをコンセントに繋ぎ、本体後ろにある主電源を入れ、画面の横にある電源ボタンをつけて強さを調節し、照射をする準備ができます!

照射の方法・流れ

照射のまえに保冷剤などで照射部分を冷やしてから照射をするようにしています。冷やしていないと、脇や太腿の付け根などはチクッとした痛みがたまにあります。そのため、照射する部位を冷やす→スイッチを操作して(手動)照射をする→冷やす の繰り返しで行っています。痛みは、部位によっても感じ方が違います。そのため、照射パワーはレベル10段階中のレベル5から始め、さらに強くできそうだったら強くして照射しています。大体どの部位もレベル10まで上げて照射しました。顔だけは、レベル8で照射をしました。

本体の照射口を肌に当てると反応し、ピッピッという音が鳴り、操作すると光ります。これでその部分の肌を検知し、照射できたことになります。

使用している部位、照射パワーはいくつ?

腕、脚、背中(手の届く範囲)、脇、ひげ、おでこ
顔はレベル8、その他の部位はレベル10で使用しています。

照射回数は足りる?

ケノンは、特徴の一つに約300万発照射可能というメリットがあります!これは、レベル1で使用した場合ですが、レベル10で使用した時にも約50万発使用することができます!しかし、1回の照射でどのくらいの照射回数が必要か、この50万発という数字は充分足りるものでしょうか?
結論から言うと、ケノンの照射回数はとても多いと言えます。後ほど紹介しますが、たいていの家庭用脱毛器・光美容器はケノンより照射回数が少ないです。また、カートリッジという照射口に取り付ける部品を買い替えることで機械の寿命を伸ばします。

腕や脚は、照射面積が広く、毛量が比較的多い部位なので、照射回数が多いです。腕は、片方40〜50、脚は片足70〜90ほど必要です。この回数は、脱毛初期でまだ毛量が多かったので、一度照射した部分にも重なる程度で念入りに行ったときの回数です。顔には、同じ部分に重ねて打つことは避けているので、大体10〜15回ほど使用します。全身あわせて400回ほど要しますが、それでも元の回数がとても多いので気にせずに使用しています。

Mさんは身長が平均よりも低めなので、1回に使用する回数を多く見て約500回だとします。照射パワーは最大のレベル10(ケノンはレベル10で50万回照射可能)だとします。
・500回照射
・レベル10
毎回この条件で使用するとなると、
500,000 ÷ 500(1回の使用に必要な回数)=1000回
つまり、上の条件で使用したとしても1000回使えるので、月2回使用しても数年は使用できます! ※身長や体型により個人差はあります。

全身を1回照射するのにかかる時間は?

IラインOライン以外の全身を照射するのに、30分ほどかかります。両脚、両腕は特に念入りに行います。保冷剤で冷やしながら照射をすることで時間短縮になるのでお勧めです。

工夫や、注意している点

ケノンを使用するとき工夫していることはありますか?

工夫していることは2つあります。
・照射の直前に5秒ほど冷やしています。冷やしてからすぐにその部分に3回ほど照射し、照射している間に次の部分を保冷剤で冷やしているので、ロスタイムなく脱毛を行うように工夫しています!片手でケノン本体を、片手で保冷剤を持ちながら、スライドさせて行うのがおすすめです。
・顔に使用するときは、化粧水を塗って保湿をしてから行っています。

冷やすことで、痛みを感じにくくすることができます。肌が薄い部分や弱い部分には、肌を少しでも守るために保湿をしてから照射をすることは良いことです!しかし、クリームなどを分厚く塗ると脱毛効果が薄れる場合があるので、化粧水などにしましょう。

注意していること、気をつけていることはありますか?

注意している点は3つあります。
・ホクロは念のため上から小さい絆創膏貼ってから、照射をしています。
・乾燥肌なので、照射が終わったらすぐにその部分を冷やし、保湿をしています。
・日焼けをしたところには照射をしていません。

ケノンは、IPL脱毛という方式で脱毛が行われています。IPL方式の光脱毛は、ホクロなどの黒い部分に反応し、毛の組織を弱らせて毛を生えにくくする脱毛です。そのため、毛だけに反応させるためや、やけどを防ぐためにもホクロなどの黒い部分は隠すことがおすすめです。
また日焼けをしている時に脱毛を避けることは正しいです。肌が紫外線によるダメージを受けている状態なので、いつもと同じ照射パワーでも痛いと感じるかもしれません。また日焼けで黒く焼けていたら、ホクロと同様にやけどの可能性があるので使用を控えましょう。(詳しくは説明書を参考にしてください。)

パワーはいくつで使用している?痛くないの?

パワーはレベル1〜10まであります。
最初は怖かったので、パワーのレベル5から始めました。特に痛みは感じなかったので、徐々に上げて通常はレベル10で使用しています。(顔やVラインはレベル8でしています。)10だと、部位によっては痛いですが冷やしてから使用するとほとんど痛みがありません!しっかり冷やさないままレベル10で照射したとき、脇、太腿の付け根が痛いです。

でも、その日の肌の状態によって変わることもあるみたいなので、毎回使用する部位ごと、使用する日ごとにレベル5から始めるようにしています。

高いパワーの方が脱毛の効果があると思っているので、なるべく痛みを感じない中で最大のパワーレベルで照射しています。

痛みを感じやすい部分

ほとんど痛くありませんが、少しでも痛みを感じた部位は、脇やVライン、頬などは痛いです。また、膝の下や骨盤の近くも痛く感じたことがありましたが一瞬です。

家庭用脱毛器に限らず、光脱毛やレーザー脱毛は骨張った部分への照射では痛みを感じやすくなっています。無理をせずに、ちょうど良いパワーで冷やしながらの照射をしましょう。

【一時的な】ケノンの脱毛効果は感じられたか?

光美容器(ケノンのような脱毛器)は、照射してから1,2週間後に毛が抜けてくるのが一般的です。照射を何ヶ月、何年と繰り返すにつれて、次回生えてくる毛質・毛量に変化することが期待できます。そのため、照射後に出る効果を【一時的】、照射回数を重ねたときの効果を【長期的】な効果としてMさんに質問しました。

一時的、短期的な効果はありましたか?

ありました。脱毛を始めてから半年は、照射してから1週間たたないくらいに、ちらほらと3割くらいの毛が抜け始めました。脇の太い毛などは、抜けていくのがわかりやすかったです。脱毛を半年以上続けていくと毛が薄くなっているので、照射後1週間たっても抜けていることがわかりづらくなりました。

大体は、使用1週間で毛が抜け始めたということですね。毛が抜けてから次に毛が生えるまではどのくらいでしたか?

毛が抜けてから、その毛穴から次に生えてくるのは2,3週間ほどたってからでした。でも、毎回7割くらいの毛は抜けておらずそのまま伸びているので、毛が抜けた1週間後にはその7割の毛に対して照射しています。

【長期的な】ケノンの脱毛効果は感じられたか?

毛質、毛量の変化はありましたか?

ケノンの使用を初めて5、6回目(3ヶ月以降)から、特に脇の毛質が薄く細くなり、毛量は減ったように感じました。腕と脚は少し減ったかな・・・?顔はまだ変化を感じていませんでした。
ただ、使用して10回以上(半年ほど)たつと、腕や脚も最初の半分ほどの毛量になりました!特にスネの毛は太めだったのですが、細い毛に変わりました。顔はもともとうぶ毛なので、変化がわからなかったです。
脱毛をして1年間たつと、毛質は初期に比べ全体的に薄くなりました!毛も生えてきますが、次に生えるまでのスパンが徐々に長くなっていたのでケノンの使用回数が減りました。

剛毛、うぶ毛への効果はありましたか?

剛毛は、わかりやすく効果がありました。脇やVラインは、毛が抜けるのも、その後生える毛が薄くなるのも効果がありました。
しかしうぶ毛は、なかなか効果が感じづらかったです。顔や指など、毛が抜けることもわかりづらかったので、次のけが生えた時に前回と比べた変化がわかりづらかったです。1年ほど使用した時に、少し毛量が減ったと感じました。

肌質に変化はありましたか?

美肌効果は特に感じなかったですが、腕や脇の毛穴が目立たなくなったので色白に見えるようになった気がします。(通常のカートリッジを使用した場合)

肌トラブルについて

なかったです。乾燥肌なので、使用後はすぐに化粧水などで保湿しています。

光脱毛では、まれに肌が赤くなってしまったり、痒みが出たりすることがあります。通常は1週間ほどで治ります。ケノンでは、悪い口コミのうちの2割ほどの方が肌トラブルがあったようです。
説明書をしっかり読み、長引く場合は皮膚科などに見てもらいましょう。

使用してから1年目までの変化

Mさんの検証結果を表にしました。時間が経つにつれて毛質は細く、毛量は減っています。照射をしたあ1週間後ほどに毛がちらほらと抜け始めますが、その毛が次に生えるまでの時間(毛のサイクルは長くなっています。それに合わせて、ケノンの使用頻度も少なくなっていきます。自己処理の必要性の基準は、再び毛が生えてきたときの毛の量や太さが、自己処理が必要なレベルか、そうではないかというものです。

時期毛質・毛量毛のサイクル頻度自己処理の必要性
脱毛初期変化あまりなし2週間2週に1回必要
3〜4ヶ月脇:細く、薄くなった
腕、脚:少し毛が細くなった
2週間2週に1回必要
5〜6ヶ月脇:うぶ毛のような毛もある
腕:細く、薄くなった
脚:細くなった
2〜3週間3週に1回必要
半年以降腕:毛量は初期の半分ほど
脚:細く、薄くなった
3〜4週間1ヶ月に1回ほぼ不要
1年腕・脚:全体的に細く、薄い うぶ毛のような毛がある
顔:ほんの少し薄くなった
1ヶ月1ヶ月に1回ほぼ不要

効果の出方には個人差がありますが、光脱毛器はケノンに限らず、使用を繰り返すことにより脱毛の効果が期待できます。

メリット・デメリット

1年近くケノンの使用をして感じたメリット・デメリットについて聞きました。

メリット
照射回数を気にせずに使えるところ、太い毛にもうぶ毛にも効果があるところ、好きな強さでできるところです。カミソリよりも時間はかかりますが、効果や肌への優しさを考慮すればケノンを使ってよかったです!
デメリット
特にありません。強いて言えば、冷やさないと痛いこと。後は、丁寧に使用しすぎると時間がかかってしまいます。

悪い口コミは本当だった?

悪い口コミに、痛みが強い、効果が感じられない、という意見がありましたが、その点について検証の結果から説明します。

痛みがある
レベルを低くしないと痛いが、効果がなさそう

痛みの感じ方は人それぞれですが、Mさんは比較的肌が丈夫なため、レベル10でも痛みを感じないようでした。他の良い口コミでは、平均的にレベル8で痛みがなく使用できるようです。
一方、悪い口コミにはレベル3でも痛いという方や早く効果を出したいけど痛いという方がいました。痛みを我慢し続けずに、レベルを痛くなくなるまで低くして脱毛することをお勧めします。また、保冷剤で照射の直前にその部分を冷やすことで、痛みを感じにくくすることができます。敏感肌の方、乾燥肌の方は化粧水で保湿をしてから照射をすることをお勧めします。

効果があまり感じられない
毛は抜けるが、次に生えてくる毛は前と変化がない

効果が感じられないという意見ですが、肌質や毛質によっては効果が出にくいのは確かです。しかし、光脱毛の性質上、使用を何回か重ねることで効果が出るものです。何回も使用しているにもかかわらず効果が出ないのは、商品がその方にあっていないこと、効果が薄まる使用方法をしていることが、考えられます。
Mさんの場合、顔のうぶ毛はなかなか効果を感じられないようでした。また、肌が黒い時も、毛だけではなく肌にも光が反応してしまうので、脱毛の効果がうまく出ないことがあります。また、脱毛前にクリームやワセリンなどで分厚く保湿をしてしまうと、光が最大限に毛に届かない場合があります。
また、毛周期という毛のサイクルに合わせて照射を行うことで、より効果を出すことができます。毛には成長期、退行期、休止期、といった期間がありますが、毛が伸びている成長期の時期を見て照射をする必要があります。見分けるのは難しいですが、毛の成長期は大体毛が3mmほど伸びている状態で、3〜4週間の間隔で訪れます。
ですので頻繁に照射するのではなく、適切な回数、タイミング、肌の状態で行うことで、効果が少し改善できることもあります。

その他のケノン口コミはこちら

その他のケノンの特徴、口コミ、値段

今回は、1人の検証結果のみの紹介となりました。
他の方の良い口コミ、悪い口コミが知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
また、ケノンの特徴についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

値段

公式サイトが最もおトクです。また、不定期に【本日のセット】という購入プランもあります。そのプランで購入すれば、本来の付属品以上のものも購入できることがあります!

公式サイトでのお値段は、本体、コード、説明書、保冷剤、ゴーグルなどを含め
69,800円で購入することができます。