NPL方式

NPL方式とは、弱い光を照射して毛包の機能を壊し、毛をつくれないようにして脱毛する働きです。 メラニン色素に反応する方法ではないので、 光脱毛とは違い日焼けしていても肌を火傷してしまうなどということはありません。また、シミやくすみなどの肌のトラブルも改善する働きがあります。

SSC方式

SSC方式とはジェルの上から光を照射し、低刺激で肌に優しく脱毛する方法です。ジェルには抑毛・美肌効果の成分がたくさん含まれています。毛周期にかかわらず脱毛できる点がメリットです。

SSC方式を導入した脱毛サロン→ ミュゼ

IPL方式

IPL方式とは、様々な種類の光を広範囲に照射し、剛毛などもしっかり脱毛できる方法です。脱毛効果は高く、効果を感じるまでも早いです。メラニン色素という毛の黒い部分に反応している脱毛方法なので、色のうすい産毛に対応していないという点がデメリットです。

IPL方式の家庭用脱毛器→ 光美容器ベルルクリアベールミニ

SHR方式

SHR方式とは、弱い光を照射して毛の根元にある毛包というところを破壊し、毛を生えないようにする方式です。日焼けした黒い肌でも脱毛可能です。弱い光のため、痛みも少なく脱毛できます。

他のメラニン色素を刺激する脱毛方式とは違い、痛みは感じず温かみがある程度で行える脱毛方式です。

THR方式

THR方式とは、肌にとても優しくほぼ痛みを感じずに脱毛できる方法です。SHR方式をさらに改良し、毛包の奥の毛乳頭まで破壊し、毛を生えなくする仕組みです。連射しても脱毛の効果が薄れることなく、早いスピードで脱毛することができます。

ハイパースキン方式

ハイパースキン方式とは、低い温度の熱で毛の組織を刺激する方法です。温度がひくいため、肌への負担は少ないです。敏感肌のかたにおススメな脱毛方式の1つです。ただし、太い毛には効果が出るのに時間がかかるのがデメリットです。

まとめ

痛みが弱い脱毛方式・産毛に効く脱毛方式

なるべく痛みなく脱毛したいかた、肌が刺激に弱いかた、産毛もしっかり処理したい方におススメなのが、ハイパースキン方式、SHR方式、THR方式の3つです。

その中でも、ハイパースキン方式はより肌に優しい脱毛方法なので、脇などの剛毛にはあまり適しません。脱毛の効果がでるまでに時間がかかってしまうことがあります。

それに比べ、 SHR方式、THR方式は剛毛にも対応ができます。敏感肌だけどしっかり除毛したいという方はこの2つの方式をおすすめします。

NPL方式・IPL方式は、肌の痛みが強くなるので、肌が弱い方にはおススメしません。

剛毛もしっかり脱毛できる脱毛方式

剛毛もしっかり脱毛できるのは、IPL方式です。ただし、人によっては痛いと感じる方式です。

ハイパースキン方式は、剛毛への効果が薄いので、しっかりすぐに脱毛したい方はIPL方式で脱毛効果を素早く感じましょう。

脱毛と同時に美肌をつくれる脱毛方式

ハイパースキン方式、SSC方式、IPL方式は肌がツルツルになる、くすみ・黒ずみが改善されるなどの効果が期待できる脱毛方式です。光によりアンチエイジングが行われたりします。

≫ ムダ毛ケア&スキンケア 同時に叶える光美容器 ≪

特に、SSC方式は使用するジェルに美肌成分・保湿成分などが含まれるため、ツルツルな肌をつくれる方式です。